クラウドの脅威ともいある情報漏洩にも対策があります。サービスプロバイダに確認すべきことがあるようです。

クラウドの脅威である情報漏洩と対策
クラウドの脅威である情報漏洩と対策

クラウドの脅威である情報漏洩と対策

クラウドの脅威である情報漏洩と対策
パソコンが壊れたらデータも失う可能性がありますよね。そんな不安から私たちを救ってくれるクラウドですが確認しておくべきこともあるようです。それはウイルス対策だけではなく、情報漏洩に対する対策です。私などは、情報が流出する可能性などは考えてもいませんでした。しかし、パソコンが紛失したり盗難されたりするように、クラウド環境においても情報が漏れる可能性はあるそうです。それを知って、今一度自分が利用しているクラウド環境を見直す必要があると感じました。外国のものだったりすると、法律が違ってきたりもするので、そういう問題もあるようです。そういう点も注意して選びたいものですね。また、利用を終了した場合、情報を完全に削除してくれるかどうかもきちんと確認をとったほうがいいようです。確かにそうだなと思いました。自分で削除しても、削除しきれていない場合があったら不安ですよね。その点も注意したいものです。また、情報を守るために、自分のデータを暗号化されているかどうかも大事だそうです。暗号化されれば、外部の人間はそのデータ情報を見ることはできません。利用者である本人だけが見れるので安全、安心して使えるということです。こうして考えると、いろいろあるクラウドサービスでも、容量や使い勝手だけで選ぶことなく、自分のデータ、情報を守る体制がしっかりしているかどうかを最優先して選ぶべきではないかと思いました。特に会社など、企業が利用する場合は個人で利用するよりもっと情報管理に気を配るべきでしょう。情報管理などを担当している人は、こういう知識をもっと深め、クラウドサービスをよりよく、安心して使えるようにするべきでしょう。安心して使えるところならば、メリットはかなりあるサービスですよね。しかし、脅威がある、情報が漏れる可能性がゼロではないということを知っておいて、それを限りなくゼロにするべく、確認作業などはするべきでしょう。

おすすめサイト



Copyright(c) 2014 クラウドの脅威である情報漏洩と対策 All Rights Reserved.